VOIDBURIAL

返事がない。ただのニワトリのようだ。

Tidal Wave 長文 


こうも毎日毎日のお仕事が忙しいと、体力を通り越して気力まで削られて…
気力回復の為にじっくり休んだはずなのに、気力が無いから何もやる気起きず。。(゚⊿゚)

こんなんじゃあー錆びたクシャルダオラになっちゃいますー:(;゙゚'ω゚'):

とりあえず今週末、MHXX発売ということであらかじめDLさせて頂きました(・ω・)!
誕生日にと、クッパとルイージをくれたR氏にホント感謝です(*´ω`*) ありがとう!

ラオシャンロン復活!
ということでクエは凄い面倒だけど、ラオの双剣(双焔)の見た目がすごく好きなのでちょっとワクワクです。



長くなるけど是非とも読んでほしい話題。


親も親友も友人も奥さんも奥さんの友人も、仲良くさせてもらっている方は俺は誰でも、まず尊敬をしてます。
「親しき仲にも礼儀あり」ってのはマナーとか挨拶しろとかそういうのじゃなくて、相手に対してどんな気持ちで接せられるかって所に礼儀が存在するんだと思ってます。

「尊敬に値しない人に一貫した礼儀正しい振る舞い」
は、少なくとも俺は出来ません。下手なので。絶対出ちゃってます。
「そういう部分があなたのマズい所です」って多分小学生の頃から言われ続けて20年くらいじゃないかな。w
見っ事に、小学・中学・高校・専門学校、全ての担任の先生に同じようなことを言われました。

でも逆に陰で努力する人とか、最後まで諦めてない人とか、いつも気持ちが平坦な人とか、めっちゃポジティブシンキングな人とか、潜在能力が高くてカリスマ性のある人とか自分の周囲には尊敬できる所をいっぱい持っている人がたくさんいるので、毎度毎度、「ホントすげぇな」ってマジで思ってます。
そう思えるってことは、自分にはない部分だったり足りないと感じてる部分をその人は持っていてそれを間近で見たり聞いたり感じたり出来る訳だし、何だか自分のすぐ近くに凄い存在がいるって思うだけで嬉しくなりますw


だからこそ思うのは、「相手に尊敬」を感じる前に「自分に劣等感」を感じるのは本当にもったいないです。
相手の凄いところを見て劣等感を感じてるうちは、張り合う気持ちにばかりなって相手のことを認めていない し、自分自身のことも認めていないから結局「ちくしょう!何であの人ばっかり…!」ってなる訳で。

かく言う俺だってそういう時期は多分にあったし、今だってそうなっちゃう部分は当然ありますが、でもそれじゃ何も先に進まないないし「自分と相手を切り離して物事を考えられていない」ってとても恥ずかしいことで。

じゃあどうするかってなった時に、
相手の凄いところを見て劣等感を感じる前に、「なんでこんな凄いことが出来るんだこの人は」目線で相手を見れるように一歩引く。

もうむしろ、直で聞いちゃう。「何でそんな○○?」
○○の中には、
・詳しいの? ・こと知ってるの? ・ことが出来るの? …等ね。


同じ目線で見ちゃうと、張り合う気持ちが強くなるので、まずは一歩引いて参考にしたり自分に還元する。
それを繰り返していくと相手を尊敬出来るようになります。

だって自分に出来ないことをいとも簡単にやってのけるし、自分の知らないことを知ってるし、自分にない目線で物事を見られているから。ね。


それを「ふーん。で?」とか「なんであいつばっかり。」とか「俺だってホントは」とか感じてるうちは、
自分の不得手な部分で相手の得手と張り合っている と考えて良いと思います。

自分の中で「ぐぬぬぬぬ……!」ってハンカチ噛んでるうちはまだ良いですが、
相手を軽蔑(いやしいもの、劣ったものなどとみなして、ばかにすること。)したり侮辱(相手を軽んじ、はずかしめること。見下して、名誉などを傷つけること。)しだすようになったら、もう最悪極まりないです。
「尊敬」の反意語は「軽蔑」と「侮辱」です。

他人の全力とか一生懸命を本気で馬鹿にしてる ヤツはこの世の中で一番嫌いです。


最初に戻りますが、「尊敬に値しない人に一貫した礼儀正しい振る舞い」が出来る人なんてそう多くはないと思います。

貴方は、
自分の身近な人を尊敬出来ていますか? 
それとも、
身近な人に劣等感を感じて、軽蔑的な態度を取ったり、侮辱的な言葉を吐いていますか?



案外、相手に素直に100%で『凄いね』って言うのって難しいよね。っつー話でした。w




いっぱいDeleteキー押しながら書きました。w
こういう本質を表すのって難しい。
関連記事

Posted on 2017/03/13 Mon. 12:27 [edit]

thread: ブログ日記

janre ブログ

長文  /  TB: 0  /  CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chidori32.blog73.fc2.com/tb.php/966-d66573a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

※お知らせ※

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ